やっぱハーレクインロマンスはいいよね♡

2024年5月26日 日曜日



バイクじゃないよ(笑)


カナダのハーレクイン‐エンタプライズ社が
刊行している若い女性向きの
恋愛物語のシリーズ


結構映画化されているのもある


ひと昔前
「マジソン郡の橋」っていう映画があった
クリントイーストウッドと
メリルストリープの共演だった


ロバート・ジェームズ・ウォラーの書いた
ラブストーリーで原題は
「Four days」だったと思う
時代は1960年代のアメリカのアイオワ州
マジソン郡という田舎町
夫と子どもと暮らす平凡な主婦と
たまたま家族が遠出をしたときに
留守番をしていた主婦であるフランチェスカと
カメラマンのロバートが
偶然出会う


共に過ごした4日間が切なく描かれている
街で雨に打たれるローバートの姿を見て
フランチェスカは思わず夫と同乗の
車のドアに手をかけるが
結局彼を追うことはなかった


フランチェスカの死後
遺品として残された日記と
ロバートの死後フランチェスカに送られた
カメラと写真集「four days」を中年になった
フランンチェスカの子どもたちが見つける


あの4日があったから
フランチェスカは家族を思って
あの地にとどまり妻や母として
生きてきたのだろうと感じた


車のドアノブに手をかけたとき
「早く、走って彼のもとに行って!」と
思ったもんちっちの浅はかさよ(笑)


人は4日間の恋でも
一生生きていけるものだと
この年になれば理解できる(笑)




The Bridges of Madison County | "Standing In The Rain" Clip | Warner Bros. Entertainment


今でもシーンの一つ一つを憶えている


人はいくつになっても恋はできる



そして何気なく新しい映画が観たくて
たいして期待せず観た映画
「アイデア・オブ・ユー」




『アイデア・オブ・ユー ~大人の愛が叶うまで~』本予告動画|プライムビデオ


プライムビデオでいいの?ってほど面白かった
大手の配給でもいいんじゃないかと思うくらい
意味深に感じた


この二人は役柄の実年齢にも近い
24歳と40歳の年齢設定


ふと思い出すのが
フランスのマクロン大統領


フランスでは「年の差婚」も「略奪婚」も
それ自体が話題にのぼることは少ない
奇想天外なことでもないようだ
社会でやることをちゃんとやっていれば
非難の対象にもならない
仕事ぶりと私生活は別ってことかな?



※すみません、お借りしました



どんな記事だったか忘れてしまったが
妻のブリジットの娘?の同級生だったらしい
親子ほどの年齢差をものともせず
自分がある程度の社会的地位についたときに
「迎えに来ます」と言ったマクロンに
「アイデアオブユー」が重なった


ブリジットは学校の先生
当所はこの映画と同じようなことが周囲で
起きていたことは想像できる


でもどんなにわかっていても
制止が効かない「思い」もあるのだと
考えれば理解もできる
それは理屈ではなく「感情」だから
双方の炎が鎮火しない限り続く


また燃焼し切らず不完全燃焼すれば
自分の中でのみ理解した相手の肖像が
時間の中で静止したままになり
美化したものだけが「伝説」になる



ホントの愛とは
パズルのように「はまる」ものである
年老いたくしゃくしゃの手も
シワシワの顔も
愛おしいものなのだろう
だから
もんちっちは人を愛したことがない(笑)


むろんマクロン夫婦のようなケースは
稀だろう



アンドロギュノスを思い起こす


”ギリシア語 androgynos 
ふたなり、 両性具有
古代ギリシアの哲学者プラトンの「饗宴」で
人間の祖先の形とされる、男女が一体となった
球形の姿
神の怒りに触れて二分されて以来、男女は
互いに求めあうようになったとするもの
アンドロジナス”
※Webより引用


完全なる球体に戻るために
人間は永遠に自分の半身を求めて
彷徨っているという古代ギリシアの考えは
中学生だったもんちっちの心に深く
刻まれた


この限りなく短い人生の中で
愛する人=自分の半身に出会えるのは
おそらく天文学的確率に等しい(笑)
(そんなに地球人はいないか)(笑)


短い人生の中で必死で自分の半身を探して
球体になろうとするが
大概は自分自身の形がどんなであるのかも
知ることなしに宇宙の塵となる


例え仮初(かりそめ)の愛であったとしても
自分の愛を、そして相手の愛を感じる
ことができた人は幸いである



ハーレクインロマンスは
そんな女性の?夢を叶えてくれる
残念だけどきっとコレ
男性には?
わかってもらえないような気がする(笑)




人はいくつになっても恋はできる♡



トムとジェリーの最終回って知ってる?



トムとジェリー感動シーン





※3日連続回数減少
関東要注意

×

非ログインユーザーとして返信する