最近ストレス感じていませんか?

2024年6月18日 火曜日



どんより梅雨空
湿気が多い分暑くは感じる
今日は暑くて、明日(18日)は22度まで下がり
明後日はまた真夏日に戻るらしい
暑いのが苦手なもんちっちは明日買い物に
行こうを決めた(笑)



大谷は18,19号と快音を響かせた!
山本が故障者リストに入ってしまったが
しっかり養生して復活してほしい('◇')ゞ





さて、体調が悪くて病院に行き
検査をしたら異常なしってこと結構ある


そこで医者の蘊蓄を聞いて
結局「ストレスですね」と言われて
帰宅する(笑)
そんなことが昔は多々あった



ストレスとは・・・とは?と聞かれて
はっきり答えられる人はどれだけいるかな?


さっそく調べてみた(笑)


”外部からの刺激などによって
体の内部に生じる反応のこと。 
その原因となる外的刺激(ストレッサー)
それに対する私たちの心身の反応
(ストレス反応)とを合わせてストレス
呼ばれることもある。
 外部からの刺激によって身体に生じた反応
を意味しています。”
※Webより引用


もともとは物理学の言葉で
外部からの刺激に対する力(応力)のこと
アメリカの生物学者キャノンが生理学に応用し
カナダの医学者のセリエがさらに研究を進め
ストレス学説」を唱えた





ストレッサーには


・暑さ寒さや有害物質など物理的・化学的なもの


・病気や飢え・睡眠不足などの生理的なもの


・職場や家庭における不安・緊張・恐怖や
 怒りなど心理的、社会的なものなどがある
 人間では特に心理的・社会的ストレスが大きい


ストレスが生じると、体内ではそれを解消
しようとする防御反応が働く


同じストレッサーでも受け止める人によって
「よいストレス」になるか「悪いストレス」に
なるかが違う
ハードロックを聞いて快感と思うか
耳を塞いでしまうかの違いである(笑)


ストレッサーを制御できた場合は適応というが
うまく制御ができなかった場合には
不適応を起こして、身体に影響が現れる


身体面での不適応の表れとしては


心身症としての消化性潰瘍や高血圧
 気管支喘息 など


精神面においては不安や抑うつ
 錯乱状態などの反応性精神障害を引き起こす
 心的外傷後ストレス障害(PTSD) や
 急性ストレス反応なども不適応反応の1つである”
※厚生労働省eヘルスネットを参考



つまり心と体はつながっているということ


日常何気なく「ストレスたまるわ~」と
言ったり
「調子悪いなあ、ストレスかな?」などと
いうときは、自分で自分に警告している(笑)





人間の体は自律神経系・内分泌系・免疫系
バランスよく調節されているが
ストレスでバランスが崩れると「病気」になる
そして逆に体の病気は心にも影響する



ここでいう「」とはどこにあるのだろうか?


以前アメリカで心臓移植をした人達が
臓器提供者(ドナー)の「記憶」を
継承していたとしか思えないケースがあった


移植したある成人男性は
今まで一度も見たことがなかった
アメフトを急に見たくなり毎週末には
欠かさず観るようになったという
ドナーはアメフトをしていた交通事故で
亡くなった青年だった


そして自宅プールで溺れて脳死状態だった
幼児の心臓が、同じ年の子に移植された
ケースではドナーの希望で移植された子と
面会した際に、ドナーの家のなつかない
飼い犬が近づいて来て、尻尾を激しく振り
幼児に抱擁されたという
また家族同士での会食の際にはドナーが
生前大好物だったものを選んで食べたとの
報告があった
ドナーの家族が、息子の生まれ変わりと
思ったことは想像にたやすい


それを聞いて心臓にも記憶装置があるのかと
おバカなもんちっちは思った(笑)


今は心は「脳」にあると考える
生物学的立場が優先されている
もんちっちもこの考えを支持している


米国の行動医学者ジェームズは
「悲しいから泣くのではない
涙が出るから悲しいのだ」と言ったのは
有名な話である





ストレスをうまく発散できなかったり
ストレスをためやすい性格が原因で
心身症になりやすいこともわかってきた


病気と性格傾向や
ストレスにどのように対処しているか
あるいは遺伝的素質との関係の研究が進んでいる


糖尿病と抑うつとの関係はその一例である
また狭心症や心筋梗塞の発症には
タイプA性格行動様式が関係しているとわかっている
※競争心が強く、仕事に熱中し、攻撃的で
 イライラし易く、他人とよく対立する行動様式


ストレスが食べ過ぎや飲みすぎといった不健康な
健康管理の行動を通して
身体の病気(肥満や糖尿病、アルコール性肝障害など)
を間接的に引き起こしている現状もある



過去の話はあまりしたくはないが
もんちっちは過去に、ある企業の
メンタルヘルスにかかわっていた
そこで700人弱の従業員の健康管理をしていたが
工場の移転でやむなく退職した
その時強く感じたのは
ストレスは「人間関係の中で作られる」こと


実際自分がこの年になって
人間関係をすべて絶ってしまうと
まったくストレスがない
退職後あと数年しか生きないだろうと
思っていたが
不摂生で作ってしまった持病以外は
まったくもって健康になってしまった?(笑)
つまり寿命が延びたということになる(笑)


ほとんどのストレスが人間関係に根付くもので
それをうまく克服できないと
病気になると確信している


ストレスが溜まっているときには
不安や緊張が高まってイライラしたり
怒りっぽくなる
そしてちょっとしたことで驚いたり
急に悲しくなって泣き出したりする
気分が落ち込んでやる気がなくなったり
人づきあいが面倒になって避けるようになる
(実体験を通じての自己分析)(笑)


こんなときは要注意である
脳が悲鳴を上げていることが多い





参考までにストレス度チェックリスト
載せておくので参考にしてほしい


□ かぜをひきやすく、治りにくい
□ 手・足が冷たい
□ 手のひらや、わきの下に汗をかく
□ 急に息苦しくなる
□ 動悸が気になる
□ 胸が痛くなることがある
□ 頭がスッキリしない(頭が重い)
□ 目が疲れやすい
□ 鼻づまりすることがある
□ めまいを感じることがある
□ 立ちくらみがする
□ 耳鳴りがすることがある
□ 口の中が荒れたりただれることがある
□ のどが痛くなることがある
□ 舌が白くなっていることがある
□ 好きなものでも食べる気がしない
□ 食後胃がもたれている気がする
□ 腹がはったり、下痢や便秘になることがある
□ 肩がこったり、首すじがはることがある
□ 背中や腰が痛くなることがある
□ 体がだるくなかなか疲れがとれない
□ 体重が減ってやせてしまう
□ なにかするとすぐに疲れる
□ 朝、気持ちよく起きられない
□ 仕事をやる気が起こらない
□ 寝つきが悪く、眠りが浅い
□ 一晩のうち何度も夢を見ることがある
□ 深夜に目覚めるとその後寝つけない
□ 人に会うのがおっくうに思える
□ ちょっとしたことで腹を立て
 イライラすることがある



これらの症状が15個以上あり
それが2週間以上続くようならストレスは
赤信号の点滅状態と考えたほうがいい



残酷なことに世の中や社会は
8割の健常者で回されている


2割の病者や障害者は故障者リストに入り
外野で観戦することになる
特に日本は弱者に優しくない


だから外野で観戦したくはないと
必死に抗ってもがくから
よほど傷が深くなってから
気づくことが多い





考えてみれば
命を懸けてするような仕事など
世の中にはない

引いて言えば消防士と警察官、自衛隊員で
あろうが、それとて自分の命と引き換えで
あってはならない
美談になったとて、命がなければ
意味がないともんちっちは思う


どんな命も
命の重さは変わらない
世の中もみんながみんなそう思うことが
できるようになれば
不要なストレスはなくなるはずである



都会には許容量を超えたストレスがある
騒音、あふれる人、後ろから急かされる感じ
絶えず時間に追われて急いでいる


しかし慣れている人やそれが好きな人もいる
でも多くの人は
都会から離れた自然の中で深呼吸するのが
好きなはずだろう


人と人との距離のなさ
知らないうちに人の心を侵食していく


その人が本来持っている優しさや
思いやりを奪っていく


「東京砂漠」などという歌を
細い目の長身の地方出身の男性が
歌っていたが(笑)
本当に、無味乾燥した砂漠のような
気持ちになる人もいる


ある人にとっては好きな場所
そしてある人にとっては苦手な場所


通勤電車がすべての人の距離が1メートル
あったとしたら、程よい距離感に
なるのかもしれない(笑)
しかし逆にこの人混みが好きな人もいる


このように何をストレスと感じるのかは
十人十色、千差万別である





心を穏やかに保つには


・自分以外はコントロールできないものだ
 ということを頭に叩き込む


・いちいち無駄な反応をしない


・起こり得ることを想定してみる
 不安に思っていることの9割は起こらない


・イライラしている自分を客観的に見つめる
 傍からどう見えているかを想像してみる


・イライラしたらその場を少し離れてみる


・呼吸法で心を落ち着かせる


・ココアやハーブティーなど温かいものを飲む


しんどい時は


・無理をしないで休む
 仕事もちゃんと連絡して休みをもらう


・芸術や自然に触れる
 美術館巡りや神社仏閣を訪ねてみる


・とにかく楽する方法を考える
 明日できることは明日にすればいい


・何も考えない時間を作る
 もんちっちみたいにボーっとする


・他人と自分を比べない
 比べたって何もいいことはない



辛い時を乗り越える方法は


・好きな歌を聴くのもいい


・心が和らぐ本を読むのもいい


・前向きになれる名言を参考にするのもいい


・旅行など楽しいことをするのもいい


・お笑い番組や楽しい映像を見るのもいい



いつも誰かが傍にいるような環境では
一人になる時間を持つことが
一番のストレス解消になる



最後に元気の秘訣


・楽しいことや好きなことをする


・笑うこと


・ゆる~い気持ちでいること


・一人で頑張らないこと


・今の自分を大切にすること


・能天気?ポジティブに考えること




さあ、明日もゆる~くいってみようか('◇')ゞ



自分らしくマイペースで♡





逆おにぎり爆誕 #猫
※1分




しくじり猫先生3
※1分


Ridiamo una volta al giorno!


Rions une fois par jour !


Laugh once a day!

×

非ログインユーザーとして返信する